FC2ブログ
categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
categoryその他

trackback--  comment0
… 時ノウラガワ …

・このブログについて・
ゲームの話題をメインに、管理人・Ami所有のスーパードルフィーとその他球体間接人形の写真と、日々の事などをひたすら書き殴って行くブログです。
当サイトのドール達は当方が個人でカスタマイズしています。
記載している画像、文章等は例外なく二次加工、無断転載禁止です。
マイペース更新。ゲーム関連長文注意。


・コンテンツ・
Album … 人形写真置き場
Shop … 粘土による撮影小物/インテリア雑貨(管理人の母製作/管理)


・リンクについて・
リンクフリー。ただしアダルト・宗教は固くお断りします。
サイト名:時ノウラガワ (管理人:Ami)
→http://midnightshow.blog96.fc2.com/
※バナーは下のものをどうぞ。(直リンク可。たまに変わります)
banner.png




・人形と管理人プロフィール↓・
luku.jpgkieth.jpg
ルーク F16キース Hieth
d.jpgseele.jpg
D Kohyaセレ SA-Husky
qalis.jpgkyrue.jpg
カリス Micheleキルエ Reisner
leon.jpgmelil.jpg
レオン willamsメリル F35
eliot.jpgroa.jpg
エリオット Aliceロア F16美白
emilia.jpg delta.jpg
エミリア school Aデルタ okita(1)
betty.jpgfreezia.jpg
ベティ Beigeフリージア masha


管理人 Ami
ゲームを愛するゲーム女。業界勤め。基本人はあんまり好きではない。ゲームは私の糧であり、人生です。
気心知れると気さく。情緒不安定。わがまま。体力無し。

好きなもの:
ゲーム。ゲーム音楽。猫。
人形、クラシカルなもの、その時興味のあるもの全て。

嫌いなもの:
うるさいもの。何も考えてない人。虫。運動。言う事聞かない機械。など。


ゲームジャンル:
国産・海外問わずスポーツ以外の全てのジャンル。
極度の怖がりなので、ホラー系は苦手。

選択基準:
その時やりたいと思った作品全てがターゲット。月平均5本程度。15本以内に収めます。よ。
基本食い散らかし。ハマると何周でも。

傾向:
・ゲーム性とテンポを重視。次に全体を総合してのバランス。基本見てくれはどうでもいい。
・モノによって、音楽は重視するのもあり。(良曲が伝統となってる作品などは特に)
・TVモニタに繋げないゲーム機は没入し辛いのであまり好きでない。(DSなど)
・プレイヤースキルも必要な高めの難度が好き。死闘が好き。ボスが好き。強敵が好き。戦闘が好き。壮絶な死とかマジ楽しい。
(別段上手いわけではないよ。)
・販売形態はダウンロードよりパッケ派。(棚に並ぶ様を見るのも好き)
・買ったゲームは売りません。
・カンニングは2周目からor完全に積んだ場合。
すぐ攻略見る人居るけどカンニングしてばっかだとツマランよ。


ひとこと。:
最近はユーザー数増加で、ライトユーザーとミドルユーザー層が多くなりましたね。
で、沢山ゲームに触れてない方は特にですが、ゲームを選択する基準が「見た目」だけになっている方っていうのは多いんじゃないかなと思うのですよ。
しかしグラフィックやキャラクター、ストーリーなどの受動要素を重視して、プレイパート、つまり能動的な要素がおざなりになるのはいかがなものかと。

なぜかというと、受動的な要素はゲームでなくても事足りますよね。アニメや映画などがそうです。
でも、「操作」とそれに対する「反応」といった、能動的な要素からくる面白さや達成感、感動はゲームがゲームたる要因であり、ゲームでしか得ることが出来ないものだと思うのです。


もちろんゲームは総合芸術のようなものなのでどちらの要素も必要ではあるし、特に恋愛ゲームなどは絵などの受動的な要素が大きなウェイトを占めてくるのは確か。

でも、「見てくれ」の魅力だけで数あるゲームの取捨選択をしてしまう事は、結果的にゲームに対する世界と視野を自分から狭める事にもなりかねません。海外ゲームやハードに対する偏見なども同じです。


見た目は好きじゃなかったけれど、遊んでみたらものすごく面白くて大好きになった!
全然知られてないゲームだけどメチャクチャ面白い!
なんて事は、本当に良くある事なんです。


せっかくゲームが好きなんですから、宝探しをするつもりで、恐れずに様々なタイプのゲームに触れてみてください!
もちろんハズレを引く時もあるでしょうけれど、そういう作品は単に「自分に合わなかった」だけのことで、それが全てではありません。
好きも嫌いも全部含めて体験して、視野を広げてみてください。そうしたら絶対に、ゲームの新しい世界が拓けてきますので。

ってことで
神ゲーもクソゲーも、全てのゲームに、感謝!
スポンサーサイト
 









        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。